羽黒緬羊、販売中!

こんにちは!

先週から梅雨入りの庄内ですが、今週は過ごしやすい日が続いています。

さて、ゴールデンウィーク(大型連休)明けから本格的に羽黒緬羊の販売を開始しました。

羽黒緬羊は日本のおいしい羊肉・・・山形県庄内地方の自然豊かな食の都「庄内」で健やかに育った羊です。
羽黒緬羊が育つ出羽三山の一つである羽黒山の麓、2本の清流に挟まれた小高い丘は湿気が少なく、緬羊にとって快適な環境です。
そして、緬羊の出産回数は年に1回。その生活サイクルに合わせて、育てています。
また、地の産物「だだちゃ豆」の鞘、肉質の向上やストレス軽減効果のGABAが含まれる「だだちゃ豆」その鞘を食べて育ちます。
このようにストレスフリーで育った羽黒緬羊は、生後12か月から24か月の「フォゲット」と呼ばれる羊肉として香りや旨味がありながら、クセはなく後味もさっぱりしています。 (当ホームページより抜粋。)

初夏から秋までしかと畜しないため、この期間は珍しい「生」の緬羊を食べる機会です!味付けは、お好みのタレで食べる焼肉も美味しいですが、シンプルな塩こしょうだけでもオススメです。

地方発送、承ります。「フォームからのお問合せ
http://993-10.com/contact/ 」又は「FAX」等にて、お問合せください。担当者が「送り先のご住所」「電話番号」「必要な数量」などを確認させていただきます。よろしくお願いします。

昨年の放牧の様子。
だだちゃ豆の鞘を食べる羊たち。
羽黒緬羊焼肉用(盛り付け例)